主な機能

1. 検索


 薬物一般名から関連する有害事象を簡易的に調べる機能で、WEB検索エンジンの感覚で、薬剤一般名を検索し、関連する有害事象情報を全レポート内の報告件数や詳細な情報と共にデータとして表示しています。
 また、検索ボックスは薬物名だけでなく、有害事象・適応症それぞれに用意されており、有害事象名・適応症から関連する薬物名を検索できるようになっています。検索条件設定として、国別・性別・年齢別による選別も可能です。
 検索結果リストが表示されれば、薬剤-有害事象-適応症の関連性を確認できます。

2. 詳細情報


 詳細情報では、選択した薬剤・有害事象・適応症の詳細な情報を閲覧できます。
また、他の項目(薬剤であれば、有害事象・適応症)との相関もランキング・年代別ヒストグラム・シグナル分布にて確認できます。

【世界主要レギュレーション機関で用いられる統計解析手法(シグナル値)】
シグナル値 採用機関
PRR(Proportional Reporting Ratio) EMA(欧州医薬品庁)
ROR(Reporting Odds Ratio) Lareb(オランダ薬剤監視センター)
BCPNN(Bayesian Confidence Propagation Neural Network) WHO(世界保健機関)
GPS(Gamma-Poisson Shrinker) FDA(米国食品医薬品局)

3. レポート一覧


 レポート一覧では、対象とした薬剤等の条件をもとに、該レポートから、関連したレポートを抽出し一覧として表示しています。また、この一覧からさらに絞り込むことも可能で、その際は、投与ルート・有害事象に対する役割(第一被疑薬等)・転帰・報告者分類・報告年・有害事象発生日等詳細にわたって絞りこむ機能が搭載しており、個別の目的に合わせて絞り込み検索・データ取得ができます。

4. 各種レポート・グラフ

  • ■レポート情報統計(年齢分布・性別分布)
  • ■年代別ヒストグラム
  • ■シグナル分布

例)

年代別ヒストグラム表示例[オセルタミビルリン酸塩(Oseltamivir Phosphate)]

5. 統計解析

複数の薬剤と有害事象の関連性の比較をしたい時に使います。

統計解析/薬剤比較 画面